INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2011-02-15 00:03 / 次へ→ / 最新へ⇒

■最近のWiiって…

2011/ 2/15 0:03:22


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








「本質から目をそらし続けた結果がこの有り様か。」ということで、Wii新作「ラストストーリー」の情けない有様について書かれております。

http://2ii.jp/fTciLj

僕自身、任天堂のファンであり、マリオやらゼルダやら色々遊んできてはおりますが、なんというか、最近はCMを見ていても、あまり遊びたい作品は出てきませんし、クラブニンテンドーのプレゼント商品は興味のないものばかりですし、仕方がないので、ゼルダの過去作品を買ってきて遊んでいる有様ですし…。

今の一番人気というと、やはり、PSPのモンハンでしょうか。会社でも頻繁に噂を聞きますし、あれだけ大きな話題になっていると、僕もPSPを欲しくなってくるくらい。

でも実際のライバルは、きっと携帯電話やスマートフォンでしょう。

お手軽さ、気軽さ、実用性、周りの人と繋がりやすいこと、等々など。

任天堂は本来、こうしたものと戦わなければならないんでしょうけど、あんまり、そうした姿勢が感じられないような気がしています。

PS3やXbox360では、体感型のハードウェアデバイスが続々登場してきていて、世間の話題もそちらに持って行かれているような気がしています。

Wiiはもう、過去のハードウェアって気がしてきました。

皆、次の刺激を求めている頃合いではないでしょうかね?

Wiiを延命させたいなら、この記事に書いているとおり『「これから先もWiiでは遊べるソフトがまだまだこんなに出ますよ」という援護射撃』を撃つべきでしょう。

それは任天堂自身のソフトのためだけはなくて、他のメーカーのソフトのためにも。





目次 | ←前へ / 2011-02-15 00:03 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2560229 (+0084)[+0618]

Copyright© 2010-2021 INASOFT