INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2010-11-14 00:08 / 次へ→ / 最新へ⇒

■予備校の時に聞いた話:英語では「何番目?」と聞けない

2010/11/14 0:08:38


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








今から12年くらい前のことだったと思う。まだ予備校生だった頃の話。

予備校の英語の授業で、「英語には欠陥があるんですよ」と教わった。それは英語には「何番目?」という尋ね方が存在しない、というもの。

「○番目」というのは、1st, 2nd, 3rd, 4th, … 10th などの、後ろに th が付くようなもののことですね。

で、これをwhatやhow等のように、直接尋ねる方法が存在しないのだという。そのため、英語では、

「何番目にランクされているんだっけ?」→「ランキングのどの場所にいるんだっけ」

「オバマ大統領って何代目だっけ?」→「(適当な会話を作って訂正してもらう)Q:オバマ大統領って45代目だよね? A:いやいや、44代目だよ」

のように、異なる言い回しを工夫することにより、表現しているのだという。

では、最近の自動翻訳サイトは、この表現をどのように行うのだろうか。ちょっと、試してみた。

翻訳前の日本語「オバマ大統領は、何代目の大統領ですか?

■エキサイト翻訳:

→英訳 :Generation how many is President Obama presidents?

→再和訳:世代、社長オバマ大統領はいくつですか?

■Google翻訳:

→英訳 :Obama, do you what number president?

→再和訳:オバマ氏は、どのような数の大統領なの?

■Yahoo!翻訳

→英訳 :Is President オバマ the President of the generation?

→再和訳:オバマ大統領は、世代長ですか?

どれも少し、残念な感じになっちゃいました…。

翻訳前の日本語を、もう少し工夫する必要があったかもしれません。

ところで、上記の予備校の先生の話にはその後の話があり、そのことを聞かれた和英辞書の作者が「それなら私が表現を考えてやる」と意気込んで、それ以降、その辞書には必ず、「ケネディ大統領は何代目ですか?」というサンプル例文が載るようになった、という話があるとか。

なお、国際英語の世界では、上記のような欠点を補うよう、新しい言葉が考案されているとのこと。まぁ、世界で使われる言葉ですからね。このくらいのことはやっておかないと。

参考サイト:

 http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-712.html

 http://www.cotton-tree.com/garyu/archives/2006/01/post_177.html





目次 | ←前へ / 2010-11-14 00:08 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2557614 (+0425)[+0622]

Copyright© 2010-2021 INASOFT